想定外の回答で若旦那タジタジ・・(^^;;;

日々考察

先日、恒例の静岡市駿河区の中島中学校でお仕事紹介がありました。

これはNPO法人SOHO・アット・しずおかの活動の中で

「起業家プログラム~お仕事紹介~」

を生徒の前で色々な職業を持った方々が語るというものです。

 私は乾物屋の店主として、10名のグループに分かれた一年生3グループに

お話をしました。

DSC02255

お店から写真、鰹節、昆布を持ってきて、話を進めます。途中

鰹節を削ったりもします(笑

DSC02264

今回は、グループの中で、3名の人が鰹節を削った事があって

若旦那ビックリ!!そのうち、何と??!!2名は自宅に鰹節削り機があるという

じゃないですかぁ〜〜〜!!素晴らしい!10年以上この活動をしていますが

そんなのは初めてですね!「もしかして、家は料理屋さん?乾物屋さん?」と聞いてしまいました(笑

DSC02257

「専門店ならではの商品の圧倒的な知識が必要となるため」

私が北海道まで昆布を仕入れにいく意味があるんだよ!

と話すのですが、その過程で

「おばあちゃんが居眠りしながら店番しているスポーツ屋さんと

元Jリーガーが店員でシューズの説明してくれるスポーツやさんとどっちで買う?」

という質問をするのですが、今回は

「おばあちゃんのお店で買う!!」という男の子がいました。

想定外の回答に若旦那もビックリしてしまったんですが、「可哀想だからこっちで買う」

という心優しい青年もいるし、考えてみれば知っているお店がそのような場合もある訳で

次回からこの例えを変えないとなぁ、、、と思った次第です。

これから、色んな人生の場面で

「あぁ、乾物屋の話を聞いたなぁ、、」「鰹節削った時にあんな音がしたなぁ」

「昆布って大きかったなぁ」とかって思い出してくれたら幸いです(^^)。

コメント