歴史短編小説

読書ノート

去年の12月から読書量が少しずつ増えています(^^)

静岡店があったときには通勤の電車の中で相当読む時間があったのですが

ここ5年ほどは読書量が極端に減ってダメだなぁ、、と(^^;;;;

読書が減ると何がダメだって?

そうそう、語彙が極端に少なくなります。

お客さんと話していても会話が貧弱になっているのがよくわかります。

「読書」といっても色々なジャンルの本がありますが私は「ハウツー本」

はほとんど読みません。仕方なく、パソコン系の本は「参考書」として読みますが

自己啓発系もどちらかと言うと嫌いですね。

私が一番好きなのは歴史小説ですかね、やっぱ!そして、その小説を読むことによって

「自己啓発」します。「刺激」をもらいます。「気づき」をもらいます。

その方が、私には「しっくり来る」んですよね(^^)。

という訳で、一週間前に買ったこの2冊。

Https live staticflickr com 65535 49555833001 7e400e2915

名だたる作家さんの短編小説です。とてもおもしろく、読書があんまり好きでない、、、という方にも

スーーーーっと読めます。