驚愕の事実!!血合いは出来上がってから抜く?!

海産物

次郎長屋では、ずっと、この機械を使って、

 

 

本枯れ節と荒節を削っておりますが、

お客様からの要望や、また自分自身も

 

「高くてもいいから血合い抜きの鰹節を仕入れて

真っ白な削り節を売ってみたい!」

と前々から思っていました。

そして、遂に次郎長屋にも

血合い抜きの鰹節がやって来ましたっ!!!
 

http://farm8.staticflickr.com/7387/12922096545_bd0b52f44d.jpg 

上が普通の本枯れ節です。

下が今回来た血合い抜きの鰹節!

どうですか!しっかり血合い部分が削れていて無くなっているじゃないですか!!

そうなんです!鰹節を扱っていながら若旦那は知りませんでした!

血合い抜きの鰹節は本枯れ節が出来上がってから職人さんが

「鰹節の目」を見ながら血合い部分を削るんです!!

ちなみに、みなさん誤解していませんか?

血合い=鰹の身にたまった血液部分

ではないんです。

赤色筋繊維という細胞が多く集まった所で、決して「血」じゃないんですよ。

 http://farm3.staticflickr.com/2884/12922202043_51c74dcf02.jpg

削ってみると、ホント真っ白で綺麗です。

http://farm3.staticflickr.com/2871/12922103925_f33dc604d2.jpg

個人的には、血合いのある本枯れ節よりも上品です。

逆に鰹節のしっかりしたコクのある香りはしないかもしれません。

これは、好みの分かれる所ですね。既に購入頂いたお客様の中でも

「出汁で使うと素晴しく上品で美味しい」という方がいらっしゃいました。

懐石料理などには、やっぱ血合い抜きで「ほんのりとした味」なんですね。

http://farm8.staticflickr.com/7454/12922513974_68c7fb0565.jpg

私、今までは、血合い抜きの鰹節って、節として乾燥する前に

あらかじめ、血合い部分を取ってから節に仕上げるものだと思っていました。

だって、節になったら、

「どこが血合い部分か分からない」と思っていましたから、、。

そしたら、どうでしょうか!!

血合い抜きの節を作る専門の職人さんがいて、「鰹節の目」を読む事が出来るんですね!

奥が深いなぁ、、、。こんど実際に見てきますね。職人さんは焼津にいるって事ですし。

さて、お値段ですが、50gで500円(税抜き)です。ちょっと高いです(^^;;;

もちろん。ご注文があってからお削りします。

削りたての最高の香りと味をお楽しみ下さい。

https://www.jirochoya.com/SHOP/1243.html

コメント