昆布はアイヌ語!!

出張旅紀

早いもので、最後の日になってしまいました(涙

北海道に毎年来るようになって17年目。

必ず、感動を気付きを私にくれる北海道(^^)。

まずは、昨日のブログを書いてから軽く函館名所巡りランニングを!

※このランニングは別投稿で書かせて頂きますね! ランニング記事は→これ←

気持ち良くなってから、朝一に出向きイカ刺し定食を食べましたヨ。

https://farm4.staticflickr.com/3840/14941135348_d96602752a.jpg

イカのゴロもあって大満足!

私はそのまま食べましたが、つぶして刺身につけても美味ですね。

https://farm6.staticflickr.com/5569/15127321802_a0287e59a8.jpg

ゲソはまだ動いていました(^^)。

宿を後にして以前お世話なっていた函館の漁師さんの所へ!

ここ数週間、函館では、天気が良くなくてあまり漁には出てないと聞いていましたが、、、、。

IMGP0073

バリバリ漁にでてました!!!

トラックに大量の昆布が!!!

事前に訪ねる事いってなかったので、港で出迎えた私を見て

漁師さんもビックリ!5年ぶりの再会です(^^)。

IMGP0082

立派な昆布ですよね〜〜。一枚の広さは私の顔以上ですよ!!!

天然の真昆布です!後ろにあるのも全部そうです。

まるで、広い布(ぬの)のようですね。ちなみに昆布って大昔は

広布(ひろめ)って呼ばれてたんです。

で、アイヌ語で「KONPU」が「昆布」を示す言葉だったんですね。そして当て字で「昆布」

になったんです。

昆布って、採った後は茶色をしているのは昨日話しましたが、水分を含んでいるので

とても重たいんです。これを一枚一枚丁寧に並べて干していく訳ですから、本当に重労働、、、。

ほとんどの漁師さんは腰を痛めていますね〜、、、。

IMGP0087

「採った日に干して、ハイ終わり!」ではなく

何日も何日も小屋から出しては干してまた入れる事を繰り返して

旨味を増してゆきます。

函館で採れるこの真昆布は、次郎長屋の出汁取り教室でもおなじみの

上品な甘味のある出し昆布です。新物が出てくるのは10月下旬頃でしょうかね〜。

またご案内しますね。

その後、函館市内にいらっしゃる、昆布の植物分類の世界では第一人者の川嶋先生にも

お会いして「清水土産」をお渡しし、一路新千歳空港にレンタカーで向かいました。

今回の旅では、このナビが大活躍!別にナビゲーションしてくれる機能の事ではなくて、

USB接続口があったので、iPhoneの充電と、自分の音楽が聴けた事が眠気防止に

とても役立ちました(笑

https://farm4.staticflickr.com/3883/14941045280_d1e1e2e0ca.jpg

途中、ラッキーピエロ総本店で、チャイニーズチキンバーガーを買い、

昭和新山の見える有珠山PAでお昼ご飯!

https://farm6.staticflickr.com/5591/15124709051_094d9e91d4.jpg

函館はとにかく、海産物で有名ですけど、ハンバーガー好きな人は絶対食べて下さいね。

美味しいです。チキンもオーダーしてから揚げますので時間かかりますが

全ての商品は作り置きしないのでホントレベル高いですヨ。

函館市内にかなりの支店がありますし、事前電話オーダーも出来ますので便利です。

順調に道央道を運転出来たので、白老で降りてアイヌ民族博物館に行って来ました。

続く、、、、、。

コメント