函館です

旅行記part22(2020年)

みなさん、こんばんは。2020年8月2日です。

先ほど函館に到着しました。

Https live staticflickr com 65535 50180191862 68b3cba4fc

こんなコロナ禍の中

函館行きを強行したには訳がございます。

1)やっぱ現場に行きたい。

2)今年は新たにお願いしている漁師さんに是非とも会いたい

3)今後20年昆布がどんどん採れなくなる事が分かっている今

次郎長屋みたいな小さなお店がとんがってしっかりした食のセレクトショップを

築く為にはこの昆布漁の時期は外せない

4)コロナにかかるリクスをしっかりと見極めて万全の対処が出来るという気持ちがある

という事で、当初は富士山静岡空港から丘珠に降り立ちそこからは

レンタカーで5時間の道のりの予定でした、、、が、、、

何と!?(おそらく)予約搭乗人数が少なすぎて飛行機がキャンセル扱いになってしまいました。

こんな事私も初めてです。(一応コロナ禍という事でしたが、、、)

で、出来るだけ経費が掛からず、且つ安全に函館に行く行程を考えた結果「新幹線」という選択肢になりました。

で、現在夜の22時前ですが、、午前中庵原マルシェを終え、本日の発送分の荷物を作り終え、お店は若女将に

後を託しました。まずは、東海道新幹線です。乗車率50%以下ってところでしょうか、、

指定席はガラガラです、自由席も3列、2列シートに座っている複数の人はご家族でしょう。

それ以外は、単独です。

私は、座席に座る前にハンカチに次亜塩素酸をスプレーして、座席、肘掛等々を消毒し、手には使い捨て手袋を着用。

ちょっとうつらうつらしましたが、1時間で無事東京着。車窓からみる新橋など人がまばらでやっぱり変わった事を実感。

北海道新幹線出発までは、トイレに行きましたが、入る前に再度使い捨て手袋を着用。トイレ出る時に破棄。

お茶は自販機からスイカで購入。おにぎり3つは清水のコンビニで購入済み。

ちなみに、鉄道全行程はスイカのICチケットを使用しているので、みどりの窓口はおろか、券売機も触っていません。

もちろん、車掌さんの検札も一切ありません。

ですので、清水駅から函館駅までの人との接触はゼロです。

北海道新幹線内では、乗車率30%以下(だと思います)

通路の左右一列に一人乗車はもはやデフォルトです。もちろんみなさんマスクは当たり前です。

咳している人がいたら車両を変えてもらうつもりでしたが、それもオッケーでした。

とにかく、菌は必ず粘膜かわ入る訳ですから、顔周辺は触らず、じっとパソコンを打つ4時間半です。

途中おにぎりを食べるのも指消毒してから食べ、そんなに水分取らなかったので東京駅以降は

トイレには入っていません。

も・し・も!これで感染してたら、、、

もう自分でも対処のしようがありません。っていうか、誰でも感染しちゃうと思います。

個人的な考えとしては、色々な出張販売での感染リスクの方が数倍、数百倍高いと思います。

清水本店を出てから、函館到着まで、すれ違った人数はどうでしょうか、、

東京駅の乗り換え通路を入れても100名以下だと思います。まじで。

それに引き換え、本日の庵原マルシェは200名以上の来場数がありましたから、いくら換気が良いとはいえ

接触リスクで言えば明らかに函館に着く新幹線のほうが圧倒的に低いと思いました。

そのまま宿舎に入ります。

明日は、漁師さんの所までバスの行程を予定しておりますが、万全を期して移動したいと思います。

漁師さんにとったら私は招かれざる客なのです。(もちろん直前にちゃんとお断りのお電話をしております)

また、いつも函館でのお楽しみの居酒屋やラーメンなどの美味いものツアーは一切ございませんし、

漁師さんとの会食もしません。唯一、明日宿泊するホテルでの夕食が楽しみなことと

ラッキーピエロのハンバーガー位かなぁ。

という訳でブログ読んでいる方のみ、若旦那からご報告でした。

(まだSNSがない時代はブログだけは情報発信場所だった事を思い出しました)