桜木紫乃著:「ラブレス」読了

読書ノート

桜木紫乃著:「ラブレス」読了です。

Https live staticflickr com 65535 51361978841 8dae731ea4

姉妹の壮大な物語というキャッチだったけど、ちょっと桜木さんの

女性の書き方に食傷気味といえばそうなるかな、、、。

ただ、30年以上から北海道に行ってるので、小説で描かれている

弟子屈の開拓時代の小屋とか、そういう風景がリアルに想像できます。

過去と現在を行ったり来たりする文章も面白かった。

ここで、書いていいのかどうか分かりませんが、、

1997年に始めて道東の昆布番屋に行ったときの話です。

初老のご夫婦だけでやっていた漁師さんですが、おそらくご親戚の

方がお一人一緒にいました、、、、。ただ、私と話すことはなく

ご夫婦との会話もたどたどしく、おそらく、障害をお持ちだったんだと思います。

産地問屋さんがは普通に「こういう事ってよくありますよ」

「だって、北海道なんて隣の家と離れている所も多いし、行方知れずとか、

逆にどこから流れてきたのか、、とかって人もいるし」

と言ってました。そんな事が垣間見えるラブレスという物語です。

コメント