細谷亮太著:小児病棟の四季

読書ノート
小児病棟の四季(岩波書店) 細谷 亮太著
税込価格: ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : 岩波書店
サイズ : 15cm / 244p
ISBN : 4-00-603063-0
発行年月 : 2002.6
利用対象 : 一般

聖路加病院の副院長でいらっしゃる細谷さんの著書です。新聞でのコラムをちょっと前に読んで購入しました。私自身小学校4年生の時に
静岡子ども病院に「盲腸もどき」で2週間入院した事があります。その時の記憶は今でも強烈です。親との面会が限られた子どもだけの空間(当時は一週間に数回しか面会出来ませんでした。感染防止の為)。ほとんどが難病指定の子ども達。でもみんなとっても元気で笑顔が一杯で、いたずたし放題で遊んでいた事。入院中に同じ病室の友達が亡くなり、誰もいないベッドを静岡に見つめていた自分、、、、。

そんな昔の記憶をよみがえらせてくれた本でした。でもこの記憶は自分にとって辛いものではありません。楽しいものでもありません。
なにか、糧となっている記憶の一つです。

コメント