絵本をひらくと・・・・

日々考察

151010_bn_01

ただいま、静岡市美術館で開催されている、

「絵本をひらくと」

ちひろ美術館 世界の絵本原画コレクション展に行ってきました。

若女将が幼稚園の先生をやってた事もあり、絵本は自宅に沢山あります(^^)。

私自身も感化されて図書館で借りてきては長男次男に寝る時に読み聞かせました。

この岩崎ちひろさん、

絵本を製作していく過程で

「こんなに素晴らしい絵がただ本を作成する原稿として出版社に提出してしまって、あとは終わり」

ではもったいない!と原画の素晴らしさを再認識する為に多大な働きかけをしてきた先駆者なんですね。

初めて知りました。東京にあったちひろさんの自宅がそのまま原画美術館になり、その後長野の安曇野にも

美術館が出来ています。

さて、今回の静岡市美術館でのコレクションはそれはもう素晴らしいものでした。

赤羽末吉さん、長新太さん、その他外国の原画も本当に沢山。

お子さんにも楽しんでもらう為に、普通の展示よりも簡単に書かれている説明文もとても読みやすく

作者の生い立ちの中での絵本の出会いとか、独特な色の使い方の意味などとても興味深かったです。

※親子で楽しめる、音声説明サービスもありましたヨ!

長新太さんの「つきよ」はホント好きな絵本だなぁ〜。

そういえば、昔、NHKラジオに絵本の特集してて感想メールで送ったら山田アナウンサーから電話かかってきたなぁ〜(笑

若女将も大満足!!!

心洗われる時間を過ごしました(^^)

コメント