墓前にお味噌を・・・

日々考察

花束

大石精肉店さんに出張販売してからお客様になって頂いた奥様がいらっしゃいます(おそらく70代後半)。
口数少なく最初はあんまり仲良くお話も出来ませんでした。でも、鰹節と味噌をことのほか気に入って下さり
「お友達に差し上げたいから」とお電話でご予約を頂いたあたりから頻繁にお話するようになり、同じ頃から
息子さんも一緒にお買い物に来られるようになりました。息子さんは私と同世代です。
しかし、奥様がお顔を見せない時が2ヶ月も続いたある日、、、大石精肉店ではなくペガサートの出張販売時に息子さんだけで
来店されました。「母が亡くなりました」と、、、、。前回お会いしたときも痩せられてたので心配はしていのたですが
、、、。そんな悲しい報告を聞いた後も息子さんは何度かお店に来ていただいています。
そして、、今日は彼岸。花を片手に持った息子さんがペガサートにご来店頂き、いつもお母さまが買って頂いてた
味噌を二色買っていただきました。どうぞ、墓前にお供え下さいませ。

コメント