お客様からのお言葉

日々考察

こんにちは!先週三日間にわたって開催しました「次郎長屋北海道フェア」に沢山のお客様にご来店頂きましてありがとうございました。お陰様で、品切れの商品が出るなど大反響でした。また昆布の詰め放題では3日間で100キロ以上の昆布が出てしまって倉庫はカラ、、、(^^;;;でもお客様に喜んでいただけて良かったです。また来年も実施しますので、ご期待下さいませ。さて、ご来店頂いたお客様からこんな声を頂きました。「なかなか体が言うことをきかなくなってしまって、、お店まで来られない、、」という事でしたので、全国に発送していること、送料も400円とそんなに高くないことをお伝えしたのですが帰ってきたお言葉が「いいよ、そんな送ってもらうなんて申し訳ない」と仰るのです。そうです、「送ってもらう為にお店の人に手間をかけるのが申し訳ない」というお客様の心配りなのです。「送料がかかる、高い」とかいう次元の話ではないのです。ネット通販では信じられない事なのですが、ふと考えてみると一昔前はお店側とお客さん側ではこのような気遣いというか心配りや思いやりがあったように思います。さて、話は代わって、他のお客様が「これもったいないから持ってきたよ」と下記の写真の紙袋を5枚もご持参頂きました。次郎長屋で使っている一番大きいサイズの紙袋です。

送信者 LUMIX LX3



このようなお客様の気持ちもとても嬉しかったです。もちろん、また他のお客様のお買い上げ商品の為に使わせて頂きます(^^)

コメント