100年休まずに・・・・

日々考察

そうです。古時計じゃないけど、100年以上

東京駅を支えつずけた支柱が全部なくなっちゃうそうです(涙

ちょうど、東京出張時に朝のテレビで知り、静岡に帰る間際に

最後のお別れをしてきました、、、、。

 https://farm8.staticflickr.com/7440/16390802269_e6501394c3.jpg

東京駅、5.6番線の有楽町側にこの支柱はありました。

下部に「明治41年、、、、東京駅」と読めますね。

関東大震災と、東京大空襲を切り抜けた支柱です。

https://farm8.staticflickr.com/7298/16390802999_07c2c1d709.jpg

上部にはこのような装飾が施されていますのですぐにわかります。

中には緑色にぬられたものも、、、。

https://farm8.staticflickr.com/7410/16551107916_d314225218.jpg

https://farm8.staticflickr.com/7387/16389635380_f3fd43c19c.jpg

デザインを見てみると、この緑色の長いもの全てが100年前のようですね〜。

現役です。それにしても、なんで「撤去」しちゃうんでしょうかね〜〜。

補強したり、そのまま置いておいて、隣に新しい支柱を作るとかって

日本の技術をもってすれば、余裕で出来ると思うんですけどね〜。

ヨーロッパには、まだまだ昔ながらの立派な駅舎があるじゃないですか。

う〜ん、残念です。

 

コメント